総 25 件  3 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  法律

    -外国法入門双書-

    ドイツ法入門 〔改訂第9版〕

    村上淳一 /  守矢健一 /  マルチュケハンス・ペーター 著

    入門書の決定版。制度のもつ歴史的な背景を踏まえ,理論的な叙述も織り交ぜながら概観する。

    四六判 374頁 本体2700円+税

    2018/05発行

    978-4-641-04822-5

    入門書〔有斐閣〕

  •  法律

    -外国法入門双書-

    現代中国法入門 〔第8版〕

    髙見澤磨・鈴木賢・宇田川幸則・坂口一成 著

    世界で存在感を増す中国の社会を,法の視点から読み解く。動きの著しい中国法を正確に叙述。

    四六判 470頁 本体3200円+税

    2019/12発行

    978-4-641-04825-6

    入門書〔有斐閣〕

  •  法律

    -大阪市立大学法学叢書 64-

    独仏法における法定解除の歴史と論理

    杉本好央 著

    独仏法の一般的な法定解除の形成と展開を支えた論理を明らかにし,民法改正への示唆を行う。

    A5判 276頁 本体6900円+税

    2018/06発行

    978-4-641-04821-8

    研究書〔有斐閣〕

  •  法律

    対訳アメリカ合衆国憲法

    北脇敏一・山岡永知 共訳

    英文と欧文を対称に編集した。日米憲法比較のために,関連する日本国憲法及びその他を列挙した。

    四六判 85頁 本体1165円+税

    2002/09発行

    978-4-906319-03-9

    研究書〔国際書院〕

  •  法律

    英米法序説

    矢頭敏也 編

    初めて英米法を学ぼうとする学生を対象として書かれた,英米法入門の講義案。

    A5判 184頁 本体2000円+税

    1997/06発行

    978-4-7670-0038-1

    学生向け〔敬文堂〕

  •  法律

    体制転換と法

    ポーランドの道の検証

    小森田秋夫 著

    社会主義体制下でも体制転換過程でも独自の道を歩んだポーランドの法を巡る諸相を実証的に読む

    A5判 448頁 本体8200円+税

    2008/02発行

    978-4-8420-0537-9

    研究書〔有信堂高文社〕

  •  法律

    フランス法 (第5版)

    滝沢正 著

    定評ある滝沢フランス法の最新版。2016年の民法典大改正(債権法通則分野の全面改正)に対応。

    A5判 400頁 本体3800円+税

    2018/04発行

    978-4-385-32303-9

    全般〔三省堂〕

  •  法律

    アメリカ法

    総論

    山岡永知 著

    アメリカ法を初めて学ぼうとする学生のために教材として役に立つように書かれた。

    A5判 209頁 本体2500円+税

    2003/09発行

    978-4-7670-0115-9

    学生向け〔敬文堂〕

  •  法律

    自由と家族の法的基礎

    J.ウィッテ 著  大木英夫・髙橋義文 監訳

    課題に直面する結婚,デモクラシー,教会と国家の分離を憲法学・法律学的立場から考察。

    四六判 273頁 本体3200円+税

    2008/03発行

    978-4-915832-75-8

    研究書〔聖学院大学出版会〕

  •  法律

    統一ドイツの法変動

    統一の一つの決算

    広渡清吾 著

    ヨーロッパ統合の位相の中で捉える国家統一の社会・法過程,新たな憲法秩序の形成に及ぶ力作。

    A5判 362頁 本体6000円+税

    1996/04発行

    978-4-8420-0529-4

    研究書〔有信堂高文社〕