総 12 件  2 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  経済

    -シリーズ・現代の世界経済 3-

    現代ヨーロッパ経済論

    久保広正・田中友義 編著

    世界経済に大きな影響を与えるEUの最新経済動向を多側面から解説した入門書。

    A5判 306頁 本体3200円+税

    2011/04発行

    978-4-623-05870-9

    基礎レベル〔ミネルヴァ書房〕

  •  経済

    -大阪経済大学研究叢書 第88冊-

    グローバリゼーション下のイギリス経済

    EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化

    櫻井幸男 著

    現在の英国経済を解明するため,1979〜2008年の資本蓄積について,製造業を軸に分析,考察。

    A5判 234頁 本体5200円+税

    2018/04発行

    978-4-589-03898-2

    研究書〔法律文化社〕

  •  経済

    現代ロシア経済

    資源・国家・企業統治

    安達祐子 著

    ソ連解体からエリツィンを経てプーチン体制へ──ロシア型資本主義の特質に迫る。

    A5判 424頁 本体5400円+税

    2016/02発行

    978-4-8158-0828-0

    研究書〔名古屋大学出版会〕

  •  経済

    検証欧州債務危機

    高屋定美 著

    欧州債務危機の原因をCDS市場を中心に論じ,債務危機が再燃しないための枠組を検証する。

    A5判 250頁 本体3300円+税

    2015/11発行

    978-4-502-16821-5

    専門レベル〔中央経済社〕

  •  経済

    欧州周辺資本主義の多様性

    東欧革命後の軌跡

    ドロテーボーレ /  ベーラグレシュコヴィッチ 著  堀林巧・田中宏・林裕明 訳

    中東欧の旧社会主義圏11ヵ国の体制転換を,ポランニー理論に基づいて分析する決定版。

    A5判 420頁 本体4800円+税

    2017/01発行

    978-4-7795-1127-1

    大学院以上 研究書〔ナカニシヤ出版〕

  •  経済

    EUの危機と再生

    中東欧小国の視点

    小山洋司 著

    本書は,中東欧新規EU加盟国の視点からユーロ危機を考察。財政連邦主義への前進が必要と説く。

    四六判 224頁 本体2200円+税

    2017/08発行

    978-4-8309-4956-2

    研究書〔文眞堂〕

  •  経済

    ギリシャ危機を揺らぐ欧州民主主義

    緊縮政策がもたらすEUの亀裂

    尾上修悟 著

    国家危機に陥ったギリシャの経済・政治動向を精緻に分析し,欧州民主主義の今後を問う。

    四六判 356頁 本体2800円+税

    2017/03発行

    978-4-7503-4483-6

    全般〔明石書店〕

  •  経済

    現代スペインの諸相

    多民族国家への射程と相克

    坂東省次 監修  牛島万 編著

    民主化と経済の自由化が進んだスペインは今後,どこへ向かうのか。総合スペイン論。

    A5判 252頁 本体3800円+税

    2016/12発行

    978-4-7503-4453-9

    全般〔明石書店〕

  •  経済

    フランスはなぜショックに強いのか

    持続可能なハイブリッド国家

    瀬藤澄彦 著

    フランス経済の耐久力,ばねのある内需主導型モデルこそ私たちは知る必要がある。

    四六判 300頁 本体2500円+税

    2017/06発行

    978-4-8309-4947-0

    全般〔文眞堂〕

  •  経済

    ECB 欧州中央銀行

    組織、戦略から銀行監督まで

    唐鎌大輔 著

    欧州経済の司令塔・ECB。その組織,戦略から政策スキームまでを解説。

    A5判 344頁 本体3600円+税

    2017/11発行

    978-4-492-65482-8

    全般〔東洋経済新報社〕