総 15 件  2 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  経済

    -MINERVA TEXT LIBRARY 68-

    現代の食料・農業・農村を考える

    藤田武弘・内藤重之・細野賢治・岸上光克 編著

    日本の農業がもつ可能性とは?実践とデータから今後の課題を示し,未来を展望する。

    A5判 284頁 3080円

    2018/05発行

    978-4-623-08284-1

    基礎レベル〔ミネルヴァ書房〕

  •  経済

    -岩波テキストブックス-

    農業経済学 (第5版)

    荏開津典生・鈴木宣弘 著

    最新のデータを用い,知識と理論を組み合わせた体系である農業経済学を基礎から学ぶ。

    A5判 256頁 2640円

    2020/03発行

    978-4-00-028922-1

    研究書〔岩波書店〕

  •  経済

    -日本農業の動き 207-

    種は守れるか

    農政ジャーナリストの会 編

    規制改革の名による種子法廃止。命の源である種子をどう守るか,タネをめぐる諸課題を追究。

    B6判 154頁 1320円

    2020/09発行

    978-4-540-20063-2

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -日本農業の動き 208-

    気候変動下の食料安全保障

    農政ジャーナリストの会 編

    世界の食料需給や日本の食料自給率,また地球温暖化や気象災害の問題に迫る。

    B6判 208頁 1320円

    2020/12発行

    978-4-540-20064-9

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -日本農業の動き 209-

    農業と福祉 その連携は何を生み出すか

    農政ジャーナリストの会 編

    「農福連携」に取り組む農業法人やJAの関係者と専門家が,その意義と現場での工夫を語る。

    B6判 168頁 1320円

    2021/02発行

    978-4-540-20065-6

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -日本農業の動き 210-

    現場発 コロナ禍に揺れる食と農

    農政ジャーナリストの会 編

    新型コロナウイルスによって農業現場や食料流通はどんな影響を受け,どう変わったか。

    B6判 156頁 1320円

    2021/04発行

    978-4-540-20066-3

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -日本農業の動き 211-

    コロナ後のローカル経済

    農政ジャーナリストの会 編

    新型コロナウィルスとこれからの社会の姿。循環型社会,地産地消,コミュニティ再生の動き。

    B6判 124頁 1320円

    2021/07発行

    978-4-540-21061-7

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -日本農業の動き 212-

    東日本大震災10年 改めて「復興」を問う

    農政ジャーナリストの会 編

    未曽有の大災害と復興過程が示す教訓とは? 復興行政のキーパーソンや現場の当事者に聞いた。

    B6判 164頁 1320円

    2021/10発行

    978-4-540-21062-4

    全般〔農山漁村文化協会〕

  •  経済

    -有斐閣ブックス-

    新しい農業経済論 〔新版〕

    マクロ・ミクロ経済学とその応用

    山口三十四・衣笠智子・中川雅嗣 著

    農産物の輸入自由化など国際化する食料問題や日本の農業を解説。政策の章を新たに新版化。

    A5判 220頁 2530円

    2020/09発行

    978-4-641-18450-3

    基礎レベル 入門書〔有斐閣〕

  •  経済

    農林水産の経済学

    馬奈木俊介 編

    経済学的な理論を踏まえた上で,農業・林業・水産業の諸問題を1冊にまとめたわが国初の書。

    A5判 328頁 3960円

    2015/06発行

    978-4-502-14591-9

    専門レベル〔中央経済社〕