総 6 件  1 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  法律

    -早稲田大学エウプラクシス叢書 8-

    中国賃金決定法の構造

    社会主義秩序と市場経済秩序の交錯

    中国の政労使,そして中国に進出する日本企業にとって重要な賃金決定の仕組みを明らかにする。

    A5判 330頁 4400円

    2017/12発行

    978-4-657-17806-0

    学生向け 研究書〔早稲田大学出版部〕

  •  法律

    アジア進出・撤退の労務

    各国の労働法制を踏まえて

    森倫洋・松井博昭 編  西村あさひ法律事務所アジアプラクティスグループ 著

    進出・撤退時の制度と運用上の留意点を,国別の形式で解説。信頼できる最新の情報を提供する。

    A5判 360頁 4180円

    2017/06発行

    978-4-502-20861-4

    実務者向け〔中央経済社〕

  •  法律

    労働ソーシャルワーク

    送り続けられたメッセージ・アメリカの現場から

    秋元樹 著

    「働く人すべて」に対するソーシャルワークの構築は可能か。日本への貴重なメッセージ。

    A5判 579頁 6600円

    2019/10発行

    978-4-8451-1607-2

    実務者向け 研究書〔旬報社〕

  •  法律

    日韓比較労働法 (第3巻)

    韓国労働法の展開

    和田肇・脇田滋・宋剛直・盧尙憲 編

    日韓労働法フォーラムの成果。朴政権・文政権下の韓国における労働法改革の特質を解説。

    A5判 300頁 5500円

    2019/12発行

    978-4-8451-1614-0

    実務者向け 研究書〔旬報社〕

  •  法律

    南アジアの法律実務

    弁護士法人One Asia 南アジアプラクティスチーム 著

    投資規制,会社制度,労働法,清算法制,競争法,知財法など南アジア各国の関連法制度を詳説。

    A5判 472頁 5940円

    2021/09発行

    978-4-502-39411-9

    実務者向け〔中央経済社〕

  •  法律

    最新 東南アジア・インドの労働法務

    One Asia Lawyers Group/弁護士法人One Asia 著

    東南アジア・インドの労働法実務を解説。現場の商慣習や労働慣習を踏まえ実務観点に多く言及。

    A5判 692頁 8470円

    2021/04発行

    978-4-502-37821-8

    実務者向け〔中央経済社〕