総 20 件  2 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  法律

    -有斐閣ブックス-

    少年法入門 〔第6版〕

    澤登俊雄 著

    少年事件の現状,少年法の基本理念,少年事件手続に始まり,諸外国の少年法制まで解説。

    A5判 372頁 本体2600円+税

    2015/04発行

    978-4-641-18425-1

    学生向け〔有斐閣〕

  •  法律

    -龍谷大学矯正・保護研究センター叢書 11-

    発達障害と司法

    非行少年の処遇を中心に

    浜井浩一・村井敏邦 編著

    発達障害と非行について,何がわかっていて何がわかっていないのか。様々な観点から解説する。

    A5判 248頁 本体2500円+税

    2010/03発行

    978-4-87798-439-7

    研究書〔現代人文社〕

  •  法律

    再非行少年を見捨てるな 

    試験観察からの再生を目指して

    岡田行雄・廣田邦義・安西敦 編著

    試験観察制度活用を試みてきた調査官によるケース紹介と,弁護士,研究者による論考。

    A5判 136頁 本体2200円+税

    2011/03発行

    978-4-87798-469-4

    実務者向け〔現代人文社〕

  •  法律

    Q&A少年事件と裁判員裁判

    少年の立ち直りと向き合う裁判員のために

    加藤幸雄・藤原正範 編著

    裁判員裁判での少年審判は成人とどこが違うのか。裁判員は何に配慮すべきか。Q&Aで解説。

    A5判 96頁 本体1000円+税

    2009/12発行

    978-4-7503-3111-9

    入門書〔明石書店〕

  •  法律

    少年事件 心は裁判でどう扱われるか

    弁護士と児童精神科医の対話

    高岡健 編著

    厳罰化の問題性と少年を取り巻く司法状況とともに,生育環境に目を向けることの重要性を問う。

    四六判 280頁 本体1800円+税

    2009/12発行

    978-4-7503-3118-8

    入門書〔明石書店〕

  •  法律

    法律家が書いた 子どもを虐待から守る本

    後藤啓二 著

    虐待から子どもを救うため,児童相談所・学校・病院・警察等が取るべき対応から法規制まで提言。

    A5判 288頁 本体2000円+税

    2011/09発行

    978-4-502-04630-8

    入門書〔中央経済社〕

  •  法律

    少年法の理念

    澤登俊雄・髙内寿夫 編著

    少年法をめぐるこの10年間の動向を踏まえ少年法の理念を再確認し,今後のあり方を考える。

    A5判 392頁 本体5000円+税

    2010/04発行

    978-4-87798-446-5

    研究書〔現代人文社〕

  •  法律

    アメリカ少年司法の再生

    バリークリスバーク /  ジェームス・F.オースチン 著  渡辺則芳 訳

    本書は少年裁判所が生き延びることができるか,又生き延びるべきか等の問題を提起した訳本。

    A5判 238頁 本体2500円+税

    1996/10発行

    978-4-7670-0020-6

    研究書〔敬文堂〕

  •  法律

    コンメンタール少年法

    守屋克彦・斉藤豊治 編

    研究者や付添人の視点を可能な限りくみあげた逐条解説。要所で通説との論争も。

    A5判 688頁 本体6500円+税

    2012/12発行

    978-4-87798-538-7

    実務者向け 研究書〔現代人文社〕

  •  法律

    少年事件の裁判員裁判

    武内謙治 編著

    付添・弁護実務の実践的な試みと理論を踏まえ,今後の少年に対する裁判員裁判のあり方を展望。

    A5判 456頁 本体4500円+税

    2014/01発行

    978-4-87798-571-4

    実務者向け 研究書〔現代人文社〕