総 15 件  2 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  法律

    -αブックス-

    レクチャー日本の司法

    川嶋四郎・松宮孝明 編

    市民目線で「日本の司法」の全体像をわかりやすく概観。法や実務の現代的な課題を示す。

    A5判 292頁 本体2500円+税

    2014/02発行

    978-4-589-03559-2

    学生向け〔法律文化社〕

  •  法律

    -ジュリストブックス-

    裁判官に聴く民事裁判の実際と要点

    門口正人 編

    現役裁判官と高裁長官経験を持つ編者の鼎談集。裁判官から当事者へ,より良い裁判へ向けて。

    A5判 344頁 本体3600円+税

    2019/12発行

    978-4-641-13827-8

    研究書〔有斐閣〕

  •  法律

    -ジュリスト増刊-

    論究ジュリスト 2019年秋号(31号)

    司法制度改革および裁判員制度のこれまでの歩みを振りかえり,その課題や今後の展望を考察。

    B5判 216頁 本体2759円+税

    2019/11発行

    978-4-641-21331-9

    実務者向け 研究書〔有斐閣〕

  •  法律

    -有斐閣アルマBasic-

    現代の裁判 〔第7版〕

    市川正人・酒巻匡・山本和彦 著

    法が実現される場,裁判。その全体像を正確かつコンパクトに描く。最新の動向をフォロー。

    四六判 340頁 本体1700円+税

    2017/03発行

    978-4-641-22095-9

    学生向け〔有斐閣〕

  •  法律

    -条解シリーズ-

    条解弁護士法 (第5版)

    日本弁護士連合会調査室 編著

    日弁連調査室編著による旧版刊行後12年間の本法改正に対応した信頼ある最新の逐条解説書。

    A5判 904頁 本体14000円+税

    2019/10発行

    978-4-335-35734-3

    実務者向け〔弘文堂〕

  •  法律

    プロブレムブック 法曹の倫理と責任 (第2版)

    塚原英治・宮川光治・宮澤節生 編著

    実務で遭遇する設例を通して,法曹倫理の基本的事項が習得できる。法科大学院向けテキスト。

    B5判 640頁 本体6500円+税

    2007/04発行

    978-4-87798-328-4

    学生向け〔現代人文社〕

  •  法律

    裁判官・検察官・弁護士のための国連人権マニュアル

    司法運営における人権

    国際連合人権高等弁務官事務所 著  平野裕二 訳

    法曹は司法の場においても人権が守られるよう務めなければならない。国連のマニュアルを完訳。

    A5判 1272頁 本体14000円+税

    2006/05発行

    978-4-87798-298-0

    実務者向け〔現代人文社〕

  •  法律

    公共空間における裁判権

    フランスのまなざし

    日仏公法セミナー 編

    裁判所の積極性が増すフランスの実態と「裁判」再定義を巡る動向から現在の法治国家像を考える

    A5判 336頁 本体5800円+税

    2007/02発行

    978-4-8420-1058-8

    研究書〔有信堂高文社〕

  •  法律

    犯罪被害者のための新しい刑事司法 (第2版)

    解説 被害者参加・損害賠償命令・被害者参加弁護士・犯給法

    岡村勲 監修  守屋典子・髙橋正人・京野哲也 著

    犯罪被害者が裁判に参加する新法が動き出した。各法改正の説明と被害者参加裁判の実情を紹介。

    A5判 412頁 本体3000円+税

    2009/11発行

    978-4-7503-3093-8

    全般〔明石書店〕

  •  法律

    マイナンバー制度で企業実務はこう変わる

    梅屋真一郎 著

    2016年にはじまるマイナンバー制度による実務の変更点や番号利用による制約や罰則を紹介。

    A5判 178頁 本体2000円+税

    2014/09発行

    978-4-502-11751-0

    実務者向け〔中央経済社〕