総 17 件  2 ページ中 1 ページ目

表示順:シリーズ名 | 書名 | 発行日

  •  法律

    -ミネルヴァ日本評伝選-

    穂積重遠

    社会教育と社会事業とを両翼として

    大村敦志 著

    家族法学の開拓者の生涯に迫る。

    四六判 360頁 本体3500円+税

    2013/04発行

    978-4-623-06588-2

    全般〔ミネルヴァ書房〕

  •  法律

    -岩波現代全書-

    人権をめぐる十五講

    現代の難問に挑む

    辻村みよ子 著

    多文化主義やフェミニズムによる人権の普遍性批判等を踏まえ,人権をめぐる15の難問を徹底解説。

    四六判 296頁 本体2400円+税

    2013/11発行

    978-4-00-029117-0

    全般〔岩波書店〕

  •  法律

    いまさら人に聞けない  「交通事故示談」のかしこいやり方

    坂和章平 著

    示談の基礎的知識から実戦的な対応を例で示しながら,加害者と被害者の各々の示談のコツを指南。

    A5判 208頁 本体1700円+税

    2005/10発行

    978-4-901380-39-3

    実務者向け〔セルバ出版〕

  •  法律

    経営と労働法務の理論と実務

    安西愈先生古稀記念論文集

    山口浩一郎・菅野和夫・中嶋士元也・渡邊岳 編

    労働法務の第一人者である安西〓弁護士の古稀を記念し,最高峰の研究者・実務家が論文を献呈。

    A5判 760頁 本体12000円+税

    2009/08発行

    978-4-502-98450-1

    実務者向け〔中央経済社〕

  •  法律

    これからの人権保障

    髙野眞澄先生退職記念

    松本健男・横田耕一・江橋崇・友永健三 編

    差別や暴力から人々をどう守り救済するか-人権保障を巡る国内外の取組みとその問題点を考える

    A5判 294頁 本体4800円+税

    2007/07発行

    978-4-8420-1059-5

    研究書〔有信堂高文社〕

  •  法律

    圏外に立つ法/理論

    法の領分を考える

    江口厚仁・林田幸広・吉岡剛彦 編

    金銭賠償から,市民の司法参加など「法の領分」を巡る問題からアクチュアルな論点を導き出す。

    四六判 342頁 本体2400円+税

    2012/04発行

    978-4-7795-0611-6

    研究書〔ナカニシヤ出版〕

  •  法律

    会社法・金融法の新展開

    川村正幸先生退職記念論文集

    布井千博・野田博・酒井太郎・川口幸美 編

    川村正幸一橋大学教授・元副学長の退職を記念し,22名の研究者が論文を献呈した論文集。

    A5判 632頁 本体14000円+税

    2009/03発行

    978-4-502-97740-4

    研究書〔中央経済社〕

  •  法律

    新・ 人権はだれのものか

    佐瀬一男・尹龍澤 編

    人権後進国といわれる日本の人権状況を捉え直し「内なる他者の声」として新たな視座を提示する。

    四六判 308頁 本体2000円+税

    2009/06発行

    978-4-8420-0538-6

    入門書〔有信堂高文社〕

  •  法律

    不動産登記論集(第一輯)

    香川保一 著

    元最高裁判事の著者が,学説,判例においてなお争いのある解釈上困難な仮登記等4テーマを論究。

    A5判 433頁 本体4500円+税

    2012/12発行

    978-4-905859-35-2

    実務者向け 研究書〔桂林書院〕

  •  法律

    園部逸夫 オーラル・ヒストリー

    タテ社会をヨコに生きて

    御厨貴 編

    インタヴューを通し,裁判官がどのような認識・思考過程から判決を下すのかが明らかにされる。

    四六判 360頁 本体3600円+税

    2013/06発行

    978-4-589-03473-1

    実務者向け 全般〔法律文化社〕